« フィリーズレビュー、中山牝馬Sの予想 | トップページ | フラワーカップ、ファルコンステークスの予想 »

2010年3月15日 (月)

フィリーズレビュー、中山牝馬Sの結果

フィリーズレビュー

テイラーバートンは直線進路がなく全く追えず惨敗でした

武豊騎手に上手く閉じ込められてしまいましたね

これで桜花賞出走も抽選になってしまうのでしょうか

能力がある馬なので是非桜花賞では

良い走りを見せてほしいです

このレースの評価は難しいですが、やはり桜花賞は

アプリコットフィズとアパパネの戦いになるような気はしますね

ラブミーチャンは自分の競馬に徹して負けたのですから

納得の負けでしょうダートでまた巻き返すことは

間違いないと思うのでそちらで期待ですね

中山牝馬S

前に行く馬が多く前半は11秒台のラップを刻みゴール前では

前に行った馬たちが揃ってズルズルと下がっていきましたね

上位馬は中団の内目を進んでいた馬でそこにジェルミナルも

いたのですがプラス18キロの休み明けが堪えたのか

見せ場なくあっさり負けてしまいましたね

次はきっちり巻き返して欲しいです

|

« フィリーズレビュー、中山牝馬Sの予想 | トップページ | フラワーカップ、ファルコンステークスの予想 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリーズレビュー、中山牝馬Sの結果:

« フィリーズレビュー、中山牝馬Sの予想 | トップページ | フラワーカップ、ファルコンステークスの予想 »