« ダイヤモンドS、きさらぎ賞の予想 | トップページ | クイーンC、京都記念の予想 »

2010年2月15日 (月)

ダイヤモンドS、きさらぎ賞の結果

ダイヤモンドS

◎に指名したヒカルカザブエは道中良い感じで運べていて

これは勝ったなと思っていたらずるずる後退していき

全く見せ場のない8着と敗れてしまいました

こんな負け方をする馬ではないと思っていたのですが

どうやら道中で右前肢に違和感があったために

無理をさせずゴールさせたようです

骨折などではないようなのでまた万全の状態で出てきて

欲しいですそのときはまたこの馬で勝負したいですね

フォゲッタブルは後方からレースをすすめていてこれは

消えるんじゃないかと思ったのですが1頭だけ

持続力のある良い脚を使い完勝でしたね

騎手が武豊で後ろからいくだろうと思っていましたし

57キロも楽ではないと思っていたので軽視をしたのですが

ここでは力が違ったようですね次走はどこに出てくるのか

わかりませんが天皇賞(春)で同じような競馬はおそらく

通用しないでしょうね

きさらぎ賞

レーヴドリアンは最後方から直線だけで2着に持ってきた

能力は評価出来ますがもう少しレースがうまくならないと

今後GⅠでやるには少々厳しい気がしました

勝ったネオヴァンドームはレース巧者ですが

そこまで強いというような勝ち方でもなかったですし

やはり今年のクラシックはスプリングSと弥生賞が

肝になりそうですね

|

« ダイヤモンドS、きさらぎ賞の予想 | トップページ | クイーンC、京都記念の予想 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドS、きさらぎ賞の結果:

« ダイヤモンドS、きさらぎ賞の予想 | トップページ | クイーンC、京都記念の予想 »